SEOの目的はブランディングと集客

SEOの目的はサイトのブランディングと集客です。集客といっても一般的にはアクセス数ですが、それだけでなく、コンバージョンを増やすことを目的としている場合が多くあります。つまり、意味のないアクセスはあまり意味がないといいつつもブランディング効果があるのであればいいということになります。

また、可能であれば集客でコンバージョンを獲得することが望まれています。コンバージョンを獲得するには集客したアクセスに対する要望に応えるコンテンツがあることが必要です。そのコンテンツとはコンテンツの内容ということもありますし、その紹介しているサービス、商品ということもあります。

いくら頑張っても商品、サービスがダメならコンバージョンを獲得するのは難しいのです。また、商品、サービスが良くても紹介する内容に問題がある場合、集客に利用したキーワードとのミスマッチが起きている場合はコンバージョンに繋がらないこともあるのです。

集客のキーワードとコンテンツ

集客のキーワードはSEO、リスティング広告においては非常に大切です。これによってサイトへの来訪者の質が変わるのです。何を必要としてサイトに来訪しているのかが変わります。来訪したページのコンテンツがそのような方にとって本当に必要な情報であるのか?ということが大切なのです。

集客の数の割に来訪したページでの離脱率が高い場合はこのような可能性が高いと考えられます。また、それ以外には来訪したページのコンテンツが不足している場合です。より詳しく、本当に来訪した方が必要としている情報を提示することが大切です。

また、キーワードの選定においてもともとコンバージョンが上がりやすいキーワードとそうでないものがあります。欲求系のキーワードはコンバージョンが上がりやすいと言われています。そんなことを考えながらコンテンツを追加、修正することでコンバージョンが上がります。

SEO会社は本当にコンバージョンを上げれるのか?

SEO会社は本当にコンバージョンを上げることができるのか?と思うことはありませんか?言うのは簡単だが、実際にコンバージョンを上げるのは別の話だとおもいませんか?そうです。実際は違うのです。

それは勉強やスポーツも同じです。解説するのと実際にするのは違うのです。解説もルールに毛の生えた程度の解説と技術的な細かい解説とは雲泥の差があるのです。きっと普通の方だと理解できると思います。

だからこそ、SEO会社を選ぶ場合は儲かっているSEO会社を選ぶ方が失敗は少ないと言えます。それは自社のSEOである程度のノウハウがあるからです。そうでない会社は本当に良く見極めないといけません。

SEOのノウハウはマーケティングと同じ?

最近のSEOはコンテンツマーケティングといわれるものの一つです。そのため、コンテンツマーケティングを理解していない方にはSEOは難しいと思います。ただ、コンテンツマーケティングを知っているからといってSEOができるわけではありません。

それはSEOには数学的な、科学的な側面があるからです。それはコンテンツマーケティングを勉強することとは全く違う知識、ノウハウなのです。それを理解している方は非常に少なく、こういうコンテンツを書いて、マーケティングするといいということばかりに目がいきます。

それではなかなか思ったほどの順位が出せないのです。順位を上げるには各要素の分析、理解が必要なのです。それをすべてひっくるめてSEOということになるのです。

MENU

TOP seo seo対策 seoとホームページ制作 seoについて インターネット広告 sem